FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年HANGOVER スタート!

hangover_bassdrop_20160213_front.jpg
hangover_bassdrop_20160213_back.jpg

今夜2016年幕開けです!
久しぶりにBack to Back スタイルで各出演者人がセッション!初顔合わせあり、鉄板カードあり、玄人好みの重鎮カードありと様々な音、低音を体験できるお品書きとなっています。
対戦カード
そして、もちろん低音を十二分に堪能して頂くために今年もBroad Axe Sound Systemにサポート頂いています!
ぜひ重低音の波動を身体で感じてください!家では間違いなく体験できない音を味わえますw
以下詳細

シーンに新しいバイブを提供し続けているHANGOVER。
2016年の幕開けはBASS DROPと題してスペシャルB2Bセッションを開催!個性豊かなDJ陣によるB2Bセッションの化学反応を体感せよ!

[Special Guests]
Dx (Soi)
Inza (Soi)
100Mado (Back To Chill)
Velocity (Human Elements)
Shintaro (Urban Nature)
Kazzy
Aya (Nutty)
Kirara (Nutty)

[Hangover residents]
Ken
Shige
Satoshi

[MC]
Shine (Ouka)

[Sound System]
Broad Axe Sound System

Time : 23:00 - END
Door: 2,000yen 1D / Ladies 1,000yen 1D

けん

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
PROFILE

HANGOVER TOKYO

Author:HANGOVER TOKYO


KEN
1997年、新宿リキッドルームの「DBS」で、ドラムンベースに出会う。以後、DJ活動をスタートし、2000年に渡米。アメリカのドラムンベースシーンを肌で感じ、汚れたサウンドに大きな影響を受ける。2005年、アトランタのシーンを築き上げたアーティストMayhem と出会い、強い信頼関係を築く。翌年にはMayhemがオルガナイズするTransitに出演し、Limewaxの前座を務めた。2007年に帰国。同年に「Hangover」を結成し、イベントのオーガナイズを始める。シーンに影響を与えている新鋭アーティストを海外から招き、最先端のサウンドとバイブを提供している。
SHIGE
1997年、新宿リキッドルームの「DBS」にてドラムンベースに触れ、影響を受ける。以後、東京ドラムンベースシーンのヘッドライナー達と強い交友関係を深め、DJ活動をスタート。2007年には、「Hangover」を結成し、レジデントDJとして活動していく中、様々な海外アーティストとの共演を果たす。又、近年では都内イベントにも精力的に出演し、今後の更なる飛躍が期待されている。
SATOSHI
1992年単身渡米。18歳のときにアメリカのレイブカルチャーに影響を受け、DJ活動をスタート。テネシー州を拠点に、スクラッチを織り交ぜたスタイルのHouse DJとして様々なレイブイベントでプレイする。2000年にはドラムンベースのサウンドとバイブスに魅了され完全転身。以後、アメリカドラムンベースシーンをリードするアーティスト達と共演しながら経験、スキルを上げる。2003年帰国。現在は Hangoverの一員として都内イベントで活躍している。その素早いミックスとスクラッチを駆使するDJスタイルはシーンから定評を得ている。
RYOGO
フリーランスデザイナー。グラフィックデザイン・WEB・イラストレーションなど幅広く活動している。Hangoverではデザインと泥酔担当。
バンド「TONEBUNK」ではドラムを担当し、新宿をベースに活動中。MySpace

LINKS
最新記事
最新コメント
FLYER(フライヤー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。