FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

This Saturday Night Hangover ft ANT TC1 at R Lounge

12188071_897934900275781_7506649389042971661_o_20151207232506b41.jpg
今週末2015年最後のHANGOVERを迎えます!
ぜひ、この機会にANT TC1を堪能してください!

HANGOVER featuring Ant TC1 (Dispatch / Metalheadz)

12.12.2015
@ R Lounge

Time : 23:00 - END
Door: 2,500yen 1D / Ladies 2,000yen 1D

Special Guest
Ant TC1 (Dispatch / Metalheadz)

Guest
Jun (Soi)
Shintaro (Urban Nature)

Hangover residents
Ken
Shige
Satoshi

MC Shine (Ouka)

Additional Sounds by BROAD AXE SOUND SYSTEM

シーンに新しいバイブを提供し続けているHANGOVER。
2015年最後のHANGOVERは、ドラムンベースシーンの最重要アーティストの一人である
ANT TC1が待望の初来日!Dispatch Recordingsのオーナーであり、Metalheadzのレーベルマネージャーとして
シーンに欠かせない存在であるANT TC1のプレイはヘッズを虜にすること間違いなし!
安定したミックスとセンスのあるトラックセレクションが、ディープなサウンドからジャングル、ニューロファンクまで幅広いバイブスをフロアに届ける。そのオリジ
ナリティー溢れる唯一無二のプレイは必見だ!

ゲストには、Soiクルーのメンバーとして都内イベントで活躍しているJUNが参戦。
バイブス重視のプレイは見逃せない!そしてオープニングには、お馴染み
SHINTATROが多彩なサウンドでフロアをワームアップ!

迎え撃つは、個性豊かなスタイルでフロアを揺るがすHANGOVERレジデンツ。
ダブステップからドラムンまでベースミュージックを縦横無尽に駆け巡るKEN。
近未来サウンドと安定感のあるミックスでフロアの心拍数を上げるSHIGE。
そして、玄人好みのサウンドとミックススキルで世界観を作るSATOSHI。
アンダーグラウンドで培ってきた HANGOVERクルーのバイブスがフロアを揺るがす!

MCにはSHINEを迎え、フロアをナビゲート!

そして、BROAD AXE SOUND SYSTEMからのシステムを導入し、R Loungeのフロアに超重低音が唸る、唸る!
1794771_858463807601529_1749192276151510556_n.jpg

師走の夜に豪華なアーティストがHANGOVERに集結。
進化し続けるドラムンベースサウンドの真骨頂を肌で体感せよ!!

サウンドシステム有り、豪華なゲスト有り、やばい最新チューンからの低音を存分に体感出来ること間違いないです!
プロモミックスも好調で10日間経ちますがもうすぐ7000回再生間近!
まだな方は、予習に!既に聞いてる方は復習に!
土曜日は、お待ちしています!



けん

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

HANGOVER TOKYO

Author:HANGOVER TOKYO


KEN
1997年、新宿リキッドルームの「DBS」で、ドラムンベースに出会う。以後、DJ活動をスタートし、2000年に渡米。アメリカのドラムンベースシーンを肌で感じ、汚れたサウンドに大きな影響を受ける。2005年、アトランタのシーンを築き上げたアーティストMayhem と出会い、強い信頼関係を築く。翌年にはMayhemがオルガナイズするTransitに出演し、Limewaxの前座を務めた。2007年に帰国。同年に「Hangover」を結成し、イベントのオーガナイズを始める。シーンに影響を与えている新鋭アーティストを海外から招き、最先端のサウンドとバイブを提供している。
SHIGE
1997年、新宿リキッドルームの「DBS」にてドラムンベースに触れ、影響を受ける。以後、東京ドラムンベースシーンのヘッドライナー達と強い交友関係を深め、DJ活動をスタート。2007年には、「Hangover」を結成し、レジデントDJとして活動していく中、様々な海外アーティストとの共演を果たす。又、近年では都内イベントにも精力的に出演し、今後の更なる飛躍が期待されている。
SATOSHI
1992年単身渡米。18歳のときにアメリカのレイブカルチャーに影響を受け、DJ活動をスタート。テネシー州を拠点に、スクラッチを織り交ぜたスタイルのHouse DJとして様々なレイブイベントでプレイする。2000年にはドラムンベースのサウンドとバイブスに魅了され完全転身。以後、アメリカドラムンベースシーンをリードするアーティスト達と共演しながら経験、スキルを上げる。2003年帰国。現在は Hangoverの一員として都内イベントで活躍している。その素早いミックスとスクラッチを駆使するDJスタイルはシーンから定評を得ている。
RYOGO
フリーランスデザイナー。グラフィックデザイン・WEB・イラストレーションなど幅広く活動している。Hangoverではデザインと泥酔担当。
バンド「TONEBUNK」ではドラムを担当し、新宿をベースに活動中。MySpace

LINKS
最新記事
最新コメント
FLYER(フライヤー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。