FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.12 HANGOVER feat ANT TC1 at R Lounge

HANGOVER ft ANT TC1

12325197_10153754964750489_808804327_n.jpg
2015年最後に相応しいアーティストを招集しました!知ってる人も、知らない人もこの彼は要注目アーティストの一人と言ってもいい人だと思います。Face Book等では彼のプロファイルを紹介してますが、ここでも紹介しますね。

Ant TC1
Metalheadz のレーベルマネージメント、彼自身が運営するDispatchのオ―ナ―。
そして、ここ最近凄く有名になってい大型フェスティバルOutlook、Dimension Festival のdrum&bassのブッキング担当。
などDrum&Bassにこの人有り!と言っても過言ではないかと思おいます。
そして彼自身もトラックメイクをこなすなど、多彩という言葉がこんなにピッタリ合う人はいないかもってくらいです。
今回の初来日にあたり、プロモーションミックスを作成して頂けました。何度か彼とのメールのやり取りで、今までやったことのないミックスを作ってもいいか?って聞かれ送られてきたトラックリストを見て即答でお願いをしたミックスがこちら


Tactile - Caravan (Stress Level & Ant TC1 Remix) [Dispatch]
Cern & Dabs - Oh The Horror (Survival & Ant TC1 Remix) [Dispatch]
DLR & Ant TC1 - The Grip [Dispatch]
Ant TC1 - Mode Destruction (Xtrah's Moondust Remix) [Dispatch]
Ant TC1, Octane & DLR - The Lost Walrus [Dispatch]
Friske - Requisite (DLR & Ant TC1 Remix) [Metalheadz Platinum]
Quadrant, Kid Hops & Iris - Convergence (DLR & Ant TC1's Re-Converge) [Dispatch]
Survival & Ant TC1 Feat. Christina Nicola - Locked [Dispatch]
Dabs & Safire - Back And Forth (Mako, DLR & Ant TC1 Remix) [Dispatch]
Octane, DLR & Ant TC1 - The Jazz Club [Dispatch]
Lomax - Palomar (Ant TC1 Remix) [Integral]
Ant TC1 & Octane - District [Dispatch]
Mako, DLR, Villem & Ant TC1 - Hungry For Atmosphere [Metalheadz]



彼の曲、リミックスなど若干リリースから時間が経ってますが彼中心のオリジナルミックス。
このミックスだけでは伝えきれませんが、彼のスタイルは本当に幅広くてDEEPな選曲もあれば、ジャングルなど今まで招集した中で一番幅広い選曲をする人かも!?ってくらい。その中で一番びっくりした出来事は、去年の年末NZで行われたカウントダウンパーティーNorthern BassのクロージングセットをNOISIA UPBEATS ANT TC1の三人でB3B。え!出来るの?って。
全く思いもよらないFUNKで・・・ 後で聞いたら完璧にこなしちゃったみたい。それからだよね、呼んでみたいって気持ちが強くなったの。
そんなハング推しのアーティスト ANT TC1を見れるのは10日後の12.12!
この日は凄い事にHuman Element が Tokyo Prose を招集。残念とかもったいないとか言われてしまってるけど、こんな凄い事はないでしょ!頑張ってハシゴしたら違うスタイルのアーティストを1日で見れちゃうんだよ。Tokyo ProseはNZのアーティストで6月に呼んだPreshaのレーベルSamuraiからリリースしてる方。ついこないだも、かっこいいEPが出たばかりと旬なアーティスト。
だから、本当にドラムンが好きな人たちには頑張ってハシゴして両アーティストを体感してほしい!
同じ渋谷界隈だし、タクシーを使えば5~8分で移動出来ちゃうよ!
みなさんには上手くスケジュールを組んで上手く遊び倒して欲しいです!

長くなってしまったのでイベント詳細はまた後日にアップします!

けん

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
PROFILE

HANGOVER TOKYO

Author:HANGOVER TOKYO


KEN
1997年、新宿リキッドルームの「DBS」で、ドラムンベースに出会う。以後、DJ活動をスタートし、2000年に渡米。アメリカのドラムンベースシーンを肌で感じ、汚れたサウンドに大きな影響を受ける。2005年、アトランタのシーンを築き上げたアーティストMayhem と出会い、強い信頼関係を築く。翌年にはMayhemがオルガナイズするTransitに出演し、Limewaxの前座を務めた。2007年に帰国。同年に「Hangover」を結成し、イベントのオーガナイズを始める。シーンに影響を与えている新鋭アーティストを海外から招き、最先端のサウンドとバイブを提供している。
SHIGE
1997年、新宿リキッドルームの「DBS」にてドラムンベースに触れ、影響を受ける。以後、東京ドラムンベースシーンのヘッドライナー達と強い交友関係を深め、DJ活動をスタート。2007年には、「Hangover」を結成し、レジデントDJとして活動していく中、様々な海外アーティストとの共演を果たす。又、近年では都内イベントにも精力的に出演し、今後の更なる飛躍が期待されている。
SATOSHI
1992年単身渡米。18歳のときにアメリカのレイブカルチャーに影響を受け、DJ活動をスタート。テネシー州を拠点に、スクラッチを織り交ぜたスタイルのHouse DJとして様々なレイブイベントでプレイする。2000年にはドラムンベースのサウンドとバイブスに魅了され完全転身。以後、アメリカドラムンベースシーンをリードするアーティスト達と共演しながら経験、スキルを上げる。2003年帰国。現在は Hangoverの一員として都内イベントで活躍している。その素早いミックスとスクラッチを駆使するDJスタイルはシーンから定評を得ている。
RYOGO
フリーランスデザイナー。グラフィックデザイン・WEB・イラストレーションなど幅広く活動している。Hangoverではデザインと泥酔担当。
バンド「TONEBUNK」ではドラムを担当し、新宿をベースに活動中。MySpace

LINKS
最新記事
最新コメント
FLYER(フライヤー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。