FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Critical Podcast Vol.40 - Hosted By Signal

11935011_818481988271134_295007245362830748_n.png
最近気になってるアーティストの一人signal 。
つい先日もEPを発表したり、結構おれ好みなチューンが多くてこれから重宝していきそうかなと。
そんな彼のミックスが収録されてるpodcastを紹介。


ディープにミニマルな感じで今夜にしっくりくる。


0:03 – Signal – Judgement [CRITICAL]
2:11 – Skadi – Memory Cypher [UPSCALE FREE]
3:27 – Signal & Disprove – Erger [???]
4:48 – Abstract Elements – Uranus [INVISIBLE]
6:10 – ???
7:50 – Signal – No Warning [CRITICAL]
9:22 – Kyrist – Maikurofunk (CRITICAL Dub)
11:00 – Method & Faare – Sacrifice (Signal Remix) (Dub)
13:17 – Disprove – No Silence [AMMUNITION]
15:20 – ???
17:20 – Lockjaw – Obsidian [INVISIBLE]
19:01 – Signal, Heamy & Allied – Omega Point [CRITICAL]
20:50 – Wingz – Defender (Dub)
>> Signal – Tripwire [INVISIBLE]
22:50 – Signal – Intercept (Free DL)
25:07 – Heamy – Thunderdrum (Dub)
26:30 – Trilo – ADHD [EATBRAIN]
28:00 – Allied – Godspeed [???]
30:30 – Enei & Mefjus – Diffusion [LET IT ROLL]
32:09 – DLR & Break – Human Error [DISPATCH]
33:45 – Sam Binga – Steppin VIP ft. Chimpo, Fox & Redders [CRITICAL]
35:11 – Klax – Hotline [CRITICAL Dub]
36:46 – Signal & Disprove – Arkaik Twelve [RENEGADE HARDWARE]
38:24 – Sponce – Embody [FUMEI]
41:30 – ID – Pattern [INVISIBLE]
>> HYQXYZ – Return [CONCUSSION]

けん

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
PROFILE

HANGOVER TOKYO

Author:HANGOVER TOKYO


KEN
1997年、新宿リキッドルームの「DBS」で、ドラムンベースに出会う。以後、DJ活動をスタートし、2000年に渡米。アメリカのドラムンベースシーンを肌で感じ、汚れたサウンドに大きな影響を受ける。2005年、アトランタのシーンを築き上げたアーティストMayhem と出会い、強い信頼関係を築く。翌年にはMayhemがオルガナイズするTransitに出演し、Limewaxの前座を務めた。2007年に帰国。同年に「Hangover」を結成し、イベントのオーガナイズを始める。シーンに影響を与えている新鋭アーティストを海外から招き、最先端のサウンドとバイブを提供している。
SHIGE
1997年、新宿リキッドルームの「DBS」にてドラムンベースに触れ、影響を受ける。以後、東京ドラムンベースシーンのヘッドライナー達と強い交友関係を深め、DJ活動をスタート。2007年には、「Hangover」を結成し、レジデントDJとして活動していく中、様々な海外アーティストとの共演を果たす。又、近年では都内イベントにも精力的に出演し、今後の更なる飛躍が期待されている。
SATOSHI
1992年単身渡米。18歳のときにアメリカのレイブカルチャーに影響を受け、DJ活動をスタート。テネシー州を拠点に、スクラッチを織り交ぜたスタイルのHouse DJとして様々なレイブイベントでプレイする。2000年にはドラムンベースのサウンドとバイブスに魅了され完全転身。以後、アメリカドラムンベースシーンをリードするアーティスト達と共演しながら経験、スキルを上げる。2003年帰国。現在は Hangoverの一員として都内イベントで活躍している。その素早いミックスとスクラッチを駆使するDJスタイルはシーンから定評を得ている。
RYOGO
フリーランスデザイナー。グラフィックデザイン・WEB・イラストレーションなど幅広く活動している。Hangoverではデザインと泥酔担当。
バンド「TONEBUNK」ではドラムを担当し、新宿をベースに活動中。MySpace

LINKS
最新記事
最新コメント
FLYER(フライヤー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。