FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BASS OF MODULE FINAL Tonight !

10389140_820966974591164_1477030488723588558_n.jpg
 
今夜開催Bass of Module finalに、出演させて頂きます!
モジュールとし最後にDNBを聞けるのは今夜が最後になります。そんな今夜は超豪華な出演陣!
SoiからDX INZA JUN SHAMI +MC CARDZ
このタイミングご一緒させて頂けることに感謝しつつ、HANGOVERらしい音で絞めていきたいと思っています。
是非遊びましょう!

以下詳細
BASS of module final
Supported by Jagermeister
1500yen(1d) door

BASS MUSIC / Drum and Bass / Dubstep / Techno

moduleを代表するBASS MUSICパーティのレジデント陣を中心としたラインナップはシーンを支えてきたベテラン勢と今後を担う若手勢が融合する交差点であり、シーンのターニングポイントとなる重要な一夜となるであろう。

↓↓↓↓タイムテーブル公開↓↓↓↓
http://iflyer.tv/ja/event/203230


https://www.facebook.com/events/1461778504088416
http://www.clubberia.com/ja/events/227284-BASS-of-module-final/
http://jp.residentadvisor.net/event.aspx?630762




---BLACK / RED / BROWN---
Dx × INZA × JUN × SHAMI × MC CARDZ (Soi)

KEN (HANGOVER)

THE NIBRICK (Takeru John Otoguro block.fm × DJ RAYMOND )

Ali& (80KIDZ / HiROOM)

DJ MIYU (SENSOR)

DJ RS (CAUTION / LAGUNA BASS)

ASHRA (LAGUNA BASS)

tin inc. (sekitova & taar / morsel)

CHAM+i × HAYATO × HIROSAWA (NEON)

yuitty (DiVANG TUNE)

WRACK (CHEMICAL MONSTERS)

BASHOO (HiROOM)

メメ (DiVANG TUNE)

PIPI (B.YRSLF Division)

DELTA

ROWEL (INSOMNIAC)

ISHIKAWA(PROPERPEDIGREE/JAGUAR-BASS)

KMTR (BLANC)

TEE (waxpoetics)

HALU

Billiy (bio)

m!n (DiVANG TUNE)

DJ MARS (DiVANG TUNE)

NODA (DiVANG TUNE)

VJ:
45
Jericho
midori-gumi


---VENUE---
module
東京都渋谷区宇田川町34-6 M&Iビル B1F. B2F
Tel: 03-3464-8432
Web: http://www.module-tokyo.com/


けん

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

HANGOVER TOKYO

Author:HANGOVER TOKYO


KEN
1997年、新宿リキッドルームの「DBS」で、ドラムンベースに出会う。以後、DJ活動をスタートし、2000年に渡米。アメリカのドラムンベースシーンを肌で感じ、汚れたサウンドに大きな影響を受ける。2005年、アトランタのシーンを築き上げたアーティストMayhem と出会い、強い信頼関係を築く。翌年にはMayhemがオルガナイズするTransitに出演し、Limewaxの前座を務めた。2007年に帰国。同年に「Hangover」を結成し、イベントのオーガナイズを始める。シーンに影響を与えている新鋭アーティストを海外から招き、最先端のサウンドとバイブを提供している。
SHIGE
1997年、新宿リキッドルームの「DBS」にてドラムンベースに触れ、影響を受ける。以後、東京ドラムンベースシーンのヘッドライナー達と強い交友関係を深め、DJ活動をスタート。2007年には、「Hangover」を結成し、レジデントDJとして活動していく中、様々な海外アーティストとの共演を果たす。又、近年では都内イベントにも精力的に出演し、今後の更なる飛躍が期待されている。
SATOSHI
1992年単身渡米。18歳のときにアメリカのレイブカルチャーに影響を受け、DJ活動をスタート。テネシー州を拠点に、スクラッチを織り交ぜたスタイルのHouse DJとして様々なレイブイベントでプレイする。2000年にはドラムンベースのサウンドとバイブスに魅了され完全転身。以後、アメリカドラムンベースシーンをリードするアーティスト達と共演しながら経験、スキルを上げる。2003年帰国。現在は Hangoverの一員として都内イベントで活躍している。その素早いミックスとスクラッチを駆使するDJスタイルはシーンから定評を得ている。
RYOGO
フリーランスデザイナー。グラフィックデザイン・WEB・イラストレーションなど幅広く活動している。Hangoverではデザインと泥酔担当。
バンド「TONEBUNK」ではドラムを担当し、新宿をベースに活動中。MySpace

LINKS
最新記事
最新コメント
FLYER(フライヤー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。